光でボディメイキング「アポリネール」光豊胸、光痩身、光脱毛、戻らない美容整体で、全ての女性のキレイをサポートするべく使命感に燃えるスタッフのブログです。


by apolli
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:スタッフのひとり言( 41 )

心癒される生物

f0079890_14102630.jpg
私がお世話になっているヘアサロンに、なんとこのような生物が飼われています。ご存知でしょうか?1980年代にブームになった「ウーパールーパー」です。

改めて大人になってから見たウーパールーパーは、見るものを飽きさせない、それは、それは、不思議な生物でした。薄いピンク色の体に、ひょうきんな表情、そして小さい手やシワシワした胴体。。。こんな神秘的な生物はそう滅多にお目にかかれません。

しばらく、見つめ合って癒されました・・・(*^o^*)

メキシコで生まれた生物で、頑丈そうに見える体も実はともて繊細で、水槽の水を替える時など、手のひらに乗せてしまうと、人間の体温で体をヤケドするとか・・。

すごく詳しいWEBがあったので、リンクします。楽しいですよ。↓
ウーパールーパーについて

当店のスタッフは動物好きで、家族に犬がいたりします。当然家族の一員です。私も犬は飼えませんが、実はメダカを飼ってます。小さい生き物ですが、餌を夢中で食べたり、仲間同士で追いかけっこしている姿を見るとかわいくて、なくてはならない存在になってます。命ある仲間がそばにいるといいですよね。(^ー^* )
[PR]
by apolli | 2007-05-29 14:25 | スタッフのひとり言
f0079890_1374821.jpg
仕事の都合で、4月17日~25日迄の日程でタイのバンコクに滞在しています。連日35℃近くの気温ですが、なぜかここは心が穏やかになる国です。車の渋滞、日本では考えられない排気ガス、でこぼこだらけの歩道などのマイナス面を差し引いても、十分楽しめる街です。

東南アジアの都市バンコクというと、混沌としたイメージのある方も多いかと思いますが、それが中々、日本よりも卓越して面白い部分も多いのです。ショッピングセンターなどは、日本の大型デパートなども足元にも及ばないクオリティと大きさを持っています。日本では、消費欲の高い新富裕層が増えたなどと喧伝されていますが、相続税の無いタイの富裕層はとんでもない財産を保有しており、そういった人達のニーズを満たすためにも、ハイクオリティな商品が一通り揃えられているのです。中でもサイアムパラゴンというショッピングセンターは、その大きさはさることながら、センター内でフェラーリやマセラッティ、ランボルギーニ、アストンマーチン、ベントレー、BMWなどの車を展示して販売しています。驚くことに、その展示場がある場所は1階のフロアではないのです。例えば三越や高島屋の3階や5階に高級スポーツカーが展示され、販売されている姿を思い浮かべてみてください。その光景は中々刺激的でしょ。

この画像は、滞在中の4月20日に、同じくバンコクのセントラル・ワールド・プラザ(日本の伊勢丹隣接)というショッピングモールの広場前で、個人所有の高級スポーツカーが50台以上、一同に集められるイベントがありました。このような光景も、なかなか日本では見られないことですね。それでいて、夜になると像が像使いに曳かれて、のしのしと歩いていたりもします。この混沌さがたまらなく面白く刺激的だと感じるのは私だけではないでしょう。

刺激的ということであれば、タイのデザインも面白いものが多くあります。建築物の形を始め、販売されているプロダクツの中にはとても個性的なものも多いですね。もちろん、よくありがちなアジアンチックな商品も多いのですが、欧米人始め、世界中の国々の人の滞在も非常に多く、コスモポリタンシティが生み出すプロダクツの中には、私も注目しているものが幾つかありますし、例えば、プロパガンダというブランド。文具やインテリア小物を販売する個性的で、一度目にしたらその魅力にはまりそうなプロダクツが多くあります。

今回も、そういった中、先鋭的なデザインのプロダクツと出会うことができ、そのデザイナーとお話する機会にも恵まれ、これはいつか別事業として日本で発信していきたいと思ったほどです。日本の中だけで物事を考えたり、欧米文化や欧米商品に偏った思い入れを持つのではなく、もっとニュートラルな視点で、世界のプロダクツやサービスの中から、新しい刺激を受けることの大切さを、コスモポリタンシティ バンコクではいつも感じます。
[PR]
by apolli | 2007-04-23 12:44 | スタッフのひとり言
必需品なき消費社会だそうな。確かに今の時代、自家用車や冷蔵庫、TV、洗濯機などは、どの家庭にも入り、自家用車やテレビなどは、家庭に複数存在することは珍しくもないですね。もう、家族が一丸となって、どうしても手に入れたい必需品はなく、デジカメや携帯電話の例をとるまでもなく、普及した今までの商品の進化版をメーカーがつくり、TVコマーシャルがそれを煽り、人々がこれに押されて買い替えを行う、その繰り返しですね。

このような、必需品なき消費社会において、人々が求めるものは、美容健康、心、旅行、勉強、アートなどに関心が移っているそうですが、そういった商品は、自分の感性で評価し、選ぶものが多いのも共通点です。例えば、あなたがハワイ旅行に行きたいと考えたとき、ハワイに行くという目的のみを求めていた昔とは違い、今はハワイで何を体験し何を感じるのかということに重きが置かれる時代になっています。大手旅行会社がプランニングした王道の「THEハワイ」を楽しめる安心確実なパックツアーを選ぶこともできれば、ハワイに特化した専門旅行社に申し込み、少々料金は高くても、ワイキキビーチや免税店での買い物をあえて計画に入れず、珍しい小規模ホテルに宿泊し、特別な経験ができる体験ツアーに参加することも可能です。

しかし、一般的に大手旅行会社の広告や営業所は至るところにあり、目に触れる機会もありますが、現地に特化した旅行社は小規模で、あまり宣伝をしていないこともあり、普通は目に触れる機会もなく、誰かの紹介や自分自身で調べてみて、初めて存在を知るというケースがほとんどだと思います。必需品なき消費社会では、自分の心の声を聞き、自分が求めるものに合致した情報を、自分自身で入手することが大切になります。

ちなみに、私は仕事でよくタイに行くのですが、自由度の高い動きができ、リラックスできる環境が必要なため、パックツアーを利用したことは一度もありません。航空券だけは自分で手配をし、現地の宿泊先はサービスアパートメントを中心に紹介していただける、友人の会社ドリームカムツアーさんという所に依頼を行っています。また、大手旅行社にはプログラムのない珍しい体験型旅行を行いたいなら、風の旅行社などがお勧めです。

エステサロン業に関しても、TVや雑誌などから、自然に耳や目に触れる、有名な全国展開のサロンのようなところから、パパママ店なども含め、多くの運営スタイルがあります。当店のスタイルは、過去のコラムにも記載させていただきましたが、先端技術とホスピテリティを融合した“暖かい家のようなサロン”を実現すべく運営しております。先ほどの旅行社の話ではありませんが、ほとんど広告掲載を行っておりません。なぜならば、紙面の限られた広告スペースでは、当店の考え方などを適切に表現できず、その他多くのエステサロン広告の中に埋没してしまうからです。当店を知っていただくことは、皆様自身の情報収集と感性に委ねてしまおう。そう決めて運営しております。

そんな中、当店を見つけていただき、またご来店の皆様のご縁に、深く感謝いたします!

光豊胸店 アポリネールWEBサイト→クリック
光痩身&光脂肪溶解 アポリネールカーサWEBサイト→クリック
[PR]
by apolli | 2007-03-12 18:49 | スタッフのひとり言

人と美的感覚

15年程前、大手情報出版社で大学広報の仕事をしていたとき、ある大学の広報部に訪問し終えた私は、次の訪問先に向かうため、大学前のバス停でバスを待っていました。

「あの~アンケートに答えていただけませんか?」突然、その大学の学生数人が、録音機器を手に私に駆け寄ってきました。アンケートは、あなたは人を見かけで判断しますか?という内容です。それを集計して発表するとのこと。当時、彼らより数年年上だった私は、社会人として、否、偽善者ぶって、「いえいえ、人は見かけではなく心です」。(本当にそう思う方も中にはお見えかとは思いますが・・)とっさに、そう答えようとしましたが、私の口からで出た言葉は、「ある程度は、見かけで判断してしまいますね」。こう答えてしまいました。

すかさず、「なぜ、人を外見で判断するのですか?」彼らの一人から、そう突っ込みが入りました。

「・・・・」少し考え、出た言葉が、「人には美的感覚があるため、美しいもの、綺麗なもの、カッコいいもの、可愛いものなどが判断できてしまうからです」。そう答えていました。頷いた彼らは、ありがとうございましたと言い残し、私の元から去って行きました。

この質問に対し、自分がそう答えたしまったことに、なぜか、歯がゆい思いをした記憶があります。しかし、そうは言っても、人は美しいもの、そうでないものを感じてしまいます。咲き誇る桜を見ても、多くの人は美しいと感じるでしょうし、風光明媚な景色、ヨーロッパの歴史ある建物や町並みを見ても、そのように感じることでしょう。もちろん、人に対しても同様に、ハリウッドスターやモデルなどを見て、綺麗、カッコいいと感じることは多いでしょう。このように、人には美を感じる能力があるからこそ、偉大な芸術を作り出すこともできる反面、自分の容姿に悩んでしまうのだと思います。

さて、人は美的感覚があるゆえに、自分自身のことに対しても、様々なアクションを起こし、悩みも抱えます。日々の化粧やヘアメイクはもちろん、流行のファッションに身を包んだり、アクセサリー類に気を配ったり、そして、そういった表現のベースとなる自分自身の体となると尚更ですね。

人は生きている限り、最高の演出を自分自身に行わないといけない。以前、尊敬する方にそのように言われたことがあります。もちろん、その言葉をそのまま受け入れる必要はありませんが、私は、その言葉が妙に心に入りました。

さぁ、もう春です!あなたも、ボディラインの悩みなどありましたら、解決にご協力できることも多いかと思いますので、ぜひ、お気軽にご相談ください!

光豊胸アポリネールのHPはこちら
光痩身・光脂肪溶解アポリネールカーサのHPはこちら
[PR]
by apolli | 2007-03-09 12:41 | スタッフのひとり言
そろそろ2月14日、バレンタインデーですね。みなさんは本命、義理チョコ問わず、どなたかにチョコレートをお渡しになられるのでしょうか?

欧米ではバレンタインデーは、親しい人にカードや贈り物を送る日ですが、チョコを手渡す習慣はありません。実はチョコを渡す習慣は、日本のお菓子メーカーが先導した、日本独自のものなのです。また、固形のチョコが登場したのも19世紀になってからと案外最近のことなのです。バレンタインデーにちなんで、今回はチョコレートの話を書いてみたいと思います。

チョコレートはカカオ豆からつくれられていることはご存知かと思いますが、食べ物として利用されたのは、紀元前の古代マヤ文明、古代アステカ文明が発祥だといわれ、儀式用、病気治療用、精力剤として、薬草や唐辛子などと混ぜ合わせて飲まれていたようです。また、時には通貨としても使われたようです。1521年、スペインがアステカを征服し、カカオはヨーロッパに伝わります。そうした中、スペイン人好みの味に砂糖やシナモン、バニラなどのスパイスを入れて改良が加えられました。1625年、スペインのアン王女とフランスのルイ13世が結婚をしたのを機に、スペインからフランス宮廷にチョコレートが持ち込まれます。その後、イギリスもロンドンに世界初のチョコレートショップがオープンしました。しかし、まだまだ固形のチョコレートではなく、時おり水を手にしながら濃い液体として飲む時代は続きます。

なぜ、なかなか固形にできなかったのか?それは、カカオには脂肪分が約50%もあり、カカオを挽いてお湯に溶かすにも溶けないからなのです。ちなみに、お湯に溶けやすく脂肪分を少なくしたものがココアです。私たちが普段口にしている固形のチョコレートは、試行錯誤を重ながら、1847年になってやっと登場したのです。カカオ豆を細かく砕きペースト状にしてカカオマス、ココアバター、砂糖などを加え、固形のチョコレートの原型が完成しました。その後ミルクを入れるなどの改良も加えられ、まろやかに食べやすくなったのは19世紀の半ばだということです。

チョコレートの原料のカカオには、気分をリラックスさせ、疲れを取る作用のあるオブロミンという物質が含まれ、日々活動的に動いている男性に、バレンタインデーの贈りものとして贈るには、ふさわしい食べ物だというのも頷けますね。本命の方にお渡しなる皆さん、頑張ってくださいね。

アポリネールのHPはこちら
アポリネールカーサのHPはこちら
[PR]
by apolli | 2007-02-11 17:44 | スタッフのひとり言

不都合な真実

f0079890_15191776.jpgみなさん、おはようございます。今日も東京はとても天気が良くて暖かいですね。もう春が来たみたい!・・と喜んでいられません。地球温暖化が深刻な問題になっていますが、自分の体感で感じられるまでになっているというのは怖いことです。

今映画では『不都合な真実』が上映中です。前回の大統領選挙でブッシュ大統領と最後まで争ったゴア元アメリカ副大統領が出演の「地球温暖化問題」について考えるドキュメンタリーです。ゴア氏は環境問題に関心が深く、選挙に敗れたあと、熱心に活動をし、世界中で「地球の異変」について講演しています。わたしは、昨年飛行機の中で見る機会があり、他人事ではない、と焦りました。

ひとりひとりが真実を知って、行動を起こすことが大切です。わたしの出来ること。使わない電気はコンセントから抜く。エアコンの温度設定を調節する。過剰包装を断る。ちょっとしたことでも、みんなが心がければ、地球への負担が少なくなります。わたしたちの子供たちへ、どんな地球を残してあげられるか、それは私たちの行動にかかっています。ぜひ皆さんも、お時間があればご覧になってください。
f0079890_1611460.gif

[PR]
by apolli | 2007-01-28 10:02 | スタッフのひとり言

美容機の進化

f0079890_22495276.jpg先日、美容関係者の方にご協力いただきまして、いま話題の美容機体験&研修を行いました。アポリネール店内は、足の踏み場もないほどたくさんの美容機が運び込まれました。

ご存知のとおり、美容業界には美容機と言われるものが、星の数ほどあり、また日々新しい美容機が販売され、次々とエステティックサロンに導入されてます。

アポリネールのコンセプトにもなっていますが、お客様に本物を提供していくことが私たちの仕事だと思っています。エステ業界では、目新しい美容機が出てくるといろいろな噂が飛び交います。「あのマシンはPRのわりには結果が出ない」とか「あのマシンは適正価格で、症例がしっかりと取れている」などなど。。でも、噂だけでは、なんにも分かりませんよね。。。私たちは実際に噂の美容機を自分が実験体として体験します。

お客様に自信を持って、お勧めできるできるものかどうか、わたしたちスタッフがきちんと見極めないといけない責任もあります。

f0079890_2363576.jpgアポリネールで、現在「クリスマスキャンペーン」としてお客様にプレゼントさせていただいているクラスター水(粒子が細かく代謝を促しデトックス効果がある水)も、スタッフが飲んで、納得したものを導入しています。

今後も、アンテナを立てて、本物を皆様に提供して行きたいと思います。
みなさまも、良い情報がありましたら、ぜひご教授くださいませ(^∇^)

アポリネールより
[PR]
by apolli | 2006-12-19 10:47 | スタッフのひとり言

願い事リスト

f0079890_18384235.jpgもっと頭がよくなりたい・・・、もっと色白になりたい・・・、もっと足が長くなりたい・・・、もっと痩せたい・・・、もっとお金持ちになりたい・・・など、性別や年齢に関わらず、わたしたちは常にたくさんの願いをもっています。

わたしも若い頃から、たくさんの願いを持って生きてきました。先日、約10年前に書いた「わたしの願い事リスト」が出てきました。それを見て、若い頃のわたしをとてもいとおしく感じました。ほとんどが自分の容姿に関することだったのです。10年かけてわたしが叶えられたものは、ごく一部でした。若い頃は、自分の容姿を理想の形に近づけることが自分の幸せにつながると考えていました。でも、そのほとんどが実現できていないわたしは・・・今とても幸せです。

今のわたしが「願いごとリスト」を作るとそのほとんどが内面に関することです。恥ずかしいのでここでの公開は控えますが・・・(=^-^=)

今のわたしが書いた願い事リストをまた数年後開くのが楽しみです。どれが叶っているか、どう自分の価値観が変わっているか・・・。

65億人の全人類、み~んな、ひとりひとり違います。容姿も性格も。双子だって違います。その中で誰が一番っていうのはありません。そう、あの歌に唄われているように、みんな「世界にひとつだけの花」だと思うのです(*^▽^*)

自分らしく生きることが、本当の幸せだと思います。

みなさんも、願い事リストぜひ作ってみて下さいませo(*^▽^*)o

アポリネール
[PR]
by apolli | 2006-06-30 18:38 | スタッフのひとり言

愛情をかける

4月16日に投稿した『新しい仲間が誕生!』のリュービンタイの芽がなんと、なんとすっかり大きく成長しました!!f0079890_14531712.jpg

毎日、出勤してくるたびに大きくなっていく姿をスタッフやお客様がほのぼのとした気分で見守っていました。話しかけたり、なでてやったり・・・。科学実験などでも検証されていますが、愛情をかけられた植物の成長は、通常の植物とは大きく差がでるそうです。

確かに、今回の成長ぶりには私たちもビックリしました。本当にかわいいです( ^-^ *)

お客様にもよくお話しますが、植物だけでなく体や心のケアで一番大切なのは、まずは自分で自分を労わって愛情をかけてあげることだと思います。「今まで何一つ手をかけてあげなかったけどバストケアしてあげるようになって、胸も変わってきました」・・・そんなお話もよくお聞きします。

愛情に変わるものはないですね(~▽~*)/

アポリネールより
[PR]
by apolli | 2006-06-18 15:22 | スタッフのひとり言
多くのエステティックサロンや美容クリニックが存在する中、私たちは一体どのような理念と事業観をもって、皆様に対し、美容の技術とサービスを提供していくべきなのか。
アポリネールを開業するにあたり、そのことを一番重要に話合いました。

現代のエステサロンはマシンさえ導入し、場所さえ確保すれば、特に資格などなくても、誰でも開業できる時代になってしまいました。例えば、本物の味を出す飲食店の開業を例に取ると、厳しい修行時代を過ごし、技術、人間性ともに成長し、初めて開業できるようになるのですが、マシン主体(手技主体は除く)のエステサロンの開業は、それほど難しくはありません。

お客さまがエステサロンを探す手段の多くは、フリーペーパー等の広告を見て、自分の感性を信じて選ばれていると思います。しかし、契約に数万円~数十万円を要するサロン選びを後悔なく行うことはとても難しいことだと思います。信用できる方からの紹介からは別として、実際エステサロンを選ぶ多くの理由が、①安ければいい ②よく広告しているからいい ③有名だからいい、このような視点からでしか選ぶことができないのが、残念ながら今の現状ではないでしょうか。

飲食店なら食べ終わった後、後悔しても、数千円~1万円程度の損失で済みますが、エステサロンはそうはいきません。何ヶ月間もかけて貯金した大切なお金が、報われることなく無に帰してしまいます。そこで多くのエステサロンが、お客さまにきちんと選択いただくことができるように、「お試しコース」というものを設けています。
しかし、本来の「お試しコース」の意図である、“お客さまに賢明な選択をしていただく”場であることから大きく外れ、安い「お試し料金」を表示し、とりあえず来店していただくことのみを優先し、長時間の説得による契約、他店の批判による自店の優位性の誇示、本来シンプルであるべき施術内容を、沢山組合せて複雑化させ、特別な施術を行っているように見せかけることで、多くの施術費用が発生することへの正当化を行っているところも見受けられます。また、豪華過ぎる内装や過剰広告で信用を得ようとしたり、最高の技術を提供しているのだから、空間やサービスへの配慮もしない。そのような運営方法でもいけません。人として生きる上でバランス感覚が必要のように、お店の運営にもバランス感覚が特に大切だと私たちは考えます。

電話での問合わせ時には、「○○円でだいたい施術できます」。と言われ、実際に行ってみると、「これも、あれも必要です」。と説明され、考えていた料金の2倍を求められるようなことも珍しいことではありません。このように他の業界よりも未整備な慣習が一部残る中、アポリネールが特に大切にしたいことは、『誠実でいたい』ということです。私どもは、目に見えないサービスを行うからこそ、今考えられる最良の技術に必要のない肉付けをすることなく、シンプルで誠実な運営、そして適正料金を頂く運営を行っていくことが大切だと考えております。

皆様が当店を選んでいただき、ご縁を持てる日を楽しみにしています。

~オープン1ヶ月に際して~

APOLLINAIRE←クリック
[PR]
by apolli | 2006-04-07 15:10 | スタッフのひとり言