光でボディメイキング「アポリネール」光豊胸、光痩身、光脱毛、戻らない美容整体で、全ての女性のキレイをサポートするべく使命感に燃えるスタッフのブログです。


by apolli
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

大手エステの一部業務停止に関連して

「悪質勧誘で新規契約停止命令」
上場している大手エステが、東京都より一部業務停止を命じられました。

理由は、エステ料金を支払う能力が乏しい若者に高額な契約を結ばせたり、虚偽の説明で悪質な勧誘をしたりしていたということが原因だそうです。

今回の事件に限らず、今年は多くのエステサロンが廃業や縮小を強いられると言われております。そこには様々な理由がありますが、ひとつ大きなトラブルの根元になっているのが、この業界特有の誘引商法というものがあります。500円や1000円、2000円といった安いトライアルで興味を引き付け、来店したお客様に何時間にも及ぶ説得で高額なコースを結びつけるという、エステ業界で行われていた昔からの悪しき習慣です。

これは何もエステだけに限らず、美容クリニックでも同様です。料金が明確に表示されていない、または一部のコースのみ表示しているエステや美容クリニックのほとんどが、適正料金よりも高い金額で契約を行うと疑ってから予約を入れたほうが賢明です。適正料金とは、家賃(設置されているベットの数と毎月の稼動時間から算出した1時間あたりの単価)、人件費、広告費、美容機器の償却費などから算出するとトライアルとはいえ1時間500円や1000円で、お客様を施術することは本来難しいのです。あまりに安いトライアル料金や派手な広告でPRしているところには十分にお気をつけ下さい。

消費者の皆様は、料金の安さがとても魅力的に見える事でしょう。しかし、どのようなビジネスにも適正料金というものが存在します。食品偽装の問題ではありませんが、安い=どこかに隠れたカラクリがあるのでは!?と、しっかりとした選択眼と、慎重な決断が必要とされます。結局損をされるのは、お客様だということにもなりかねませんからね。。(;^_^)

有名だから、広告をよく見かけるから、安そうだから、多店舗展開をしているからというような理由で、サロンを選ぶ時代はもう終焉を迎えたのではないでしょうか。あれだけマスコットを全面に出して、広告やTV・CMを見かけない日がないくらい露出度の高かった業界最大手の英会話スクールが一瞬で崩壊したように。

エステビジネスは常に新しい技術や理論が登場します。昨日の技術が今日には古くなることも多く、大型化、多店舗化には向かないビジネスだと考えています。常にフレッシュな状態で、お客様に適正な技術やサービスが提供できるよう、適正な規模、適正な情報開示、適正な料金体系で運営をしていきたいと思います。
[PR]
by apolli | 2008-03-24 21:00 | みなさんへ(お知らせ)